看護師求人

看護師の求人、転職は体験談が参考になります。

看護師転職は売り手市場。転職サイトなら有利な条件を探せます。

  1. 慢性的な看護師不足。完全な売り手市場
  2. 離職率も高い。条件の優先順位が大切

看護師の転職は「転職サイト」を利用した転職が3割、「ハローワーク」の利用が2割、「直接応募」も2割程度といわれています。
特徴としては若年層になるほど転職サイトの利用が多いこと。逆に40代の看護師は転職サイトとハローワークでの転職が同数程度になっているようです。

また地域によっても異なり、都市部ほど転職サイトの利用が多く、地方はまだハローワーク派が多いという特徴があります。

就職情報を探す媒体で人気なのはPCとスマホ

就職情報を探すツールとして人気なのはパソコンです。パソコンの利用が85%と最も高くなっています。
どの属性でも情報を探すツールとしてはPCが圧倒的に高い割合を占めています。しかしそんな中でも20代30代の看護師の中ではスマートフォンを利用した情報収集も急速に増えてきています。

転職理由・動機について

看護師の転職動機の中で一番多いのは「人間関係の良い職場に転職したい」という理由。ついで引越し、ライフスタイルの変化などへと続きます。
旦那さんの転勤や出産を契機にして転職を考える看護師さんが多いんです。

20代の方は「ワークライフバランス」を重視して転職を検討される場合が多いのに対し、40代の看護師になると「引越し」「ライフスタイルの変化」「自宅付近の職場を希望」などが多くなります。

転職サイトを利用する層は「スキルアップ」を転職理由とすることが多いようです。「ハローワーク」利用層は「残業が少ない」「小さな病院にうつりたい」などの働きやすさを重視する傾向が強くなります。

看護師の転職時期について

看護師の転職のタイミングで多いのは「4月」「ボーナス後」(夏6月と冬12月)にピークを迎えます。
中でも4月での就職が最も多いため、退職の告知や引継ぎなども考えれば半年ほど前には転職活動を開始することが望ましいでしょう。

求人側(病院)も4月での看護師の退職者を見込んで採用意欲が高まりますので、看護師、病院側双方にとって一番大事な時期と言えるでしょう。

オススメの看護師転職活動方法について

上記にみてきたように看護師の転職にはいまやインターネットの活用は欠かせないようです。特にスマートフォンでの情報収集や看護師転職サイトへ登録をしてコンサルタントからのアドバイスを積極的に受けることなどが、看護師の転職を成功させる秘訣と言えるでしょう。

  

人気のエリアで激戦区でもある、東京都の保健師求人横浜市の看護師転職などは自分の力だけで転職活動を成功させるのは相当難しくなりますので、面倒くさがらずに転職サイトに登録を行いアドバイスや非公開求人情報の提供をしてもらうようにしましょう。